死ぬことは、悪い事ではありません あまりにも死ぬことが悪いことだといわれすぎてませんか

死ぬことは悪くない

仏教、キリスト教、イスラム教 世界の三大宗教でも 自殺はしてはいけないとなっていますが、本当にそうでしょうか?

(仏教では正確には自殺を禁止はしていません)

法律では、してはいけない事をした人間に罰がありますが、生まれることを選ぶことができないのに 死んではいけないっておかしくないだろうか?

生まれることを選べないのなら、その分死ぬことを選ばせてもらいたい。

よく 人生相談で お坊さんや役所に相談すると、必ず こういわれる、

・生きていればいいことがある。

いいことがあるから生きたいわけではない

・生まれてきた意味が誰にでもある

(意味など感じられないし 意味があるとすればなんなんだ?生まれてきて毎日死にたいと思うことがわつぃの生まれてきた意味なのか?)

上記ふたつの事は、どこに行っても言われる 代表格だ、こんなことを聞かされて

そのとうりだ 私の考えが間違っていた

なんて思う人はいるのだろうか?所詮 当事者になったことのない人のマニュアルの返答でしかないと感じてしまう。

決して 自殺は悪いものではない 死ぬ時期を自分で選ぶのは悪い事ではない

反論があれば 聞いてみたい