死ぬ場所について メリット デメリット

死について考える

死のうと考えたときに 必ず考えるのが 死ぬ場所と死ぬ方法

まずは、死ぬ場所の メリット デメリットを考えてみる

屋内での死に場所

メリット デメリット
人の目が無い為いつでも実行できる 発見さる為の手段を講じておかないと 発見に時間がかかる
商業施設 人にすぐに見つけてもらえる可能性が非常に高い 人の目につきやすい分、動画を取られ、拡散される可能性も
廃屋 死後 人に見つけられずらい 廃屋といっても所有者がいる為、所有者に迷惑がかかる可能性
家の駐車場でも車の行ける場所ならどこでも実行可能 場所によっては職質、人に発見され、未遂に終わる可能性

屋外での死に場所

メリット デメリット
ひそかに死後も見つかりたくない人にはお勧め 死ぬ場所を見つけずらい、場所に行くまでのハードルが高い
方法によっては、確実に死ねる 死ぬ方法、難易度高い
街中 死ぬ場所選ばない 人目が多い為 未遂に終わる可能性