自宅で死ぬ場合の場所と方法の相性

死について考える

 

自宅で死を考えた場合 家のどこで死ぬかを考えるはず そして手段場所と手段の相性を表にしてみました。

寝室 リビング お風呂 ベランダ
薬物
ガス
溺死
飛び降り
リストカット
焼死
首吊り
窒息

 

票のように 自宅での死を考えた場合、ほぼできない方法はないです。飛び込みは、電車や車に飛び込んだりするので、自宅ではできませんがこれをできる人は、かなりの勇気がある気がしますし、私にはできないです。私の自殺は

苦しくない事、

怖くない事、

できるだけ人に迷惑をかけない事、

これを 考え方法を選択していきたいと思います。

薬物

薬物での方法とゆうと 違法薬物、市販薬物の大量摂取などが考えられますが、違法薬物はルートを持っている人ではないと入手が困難とゆうことがあげられるので、市販の薬物で考えた場合、昔のドラマなどでよく見たシーン

錠剤を大量に飲み 寝る

これは、薬の中毒死とゆうより、薬を大量に飲んだことにより、就寝中に薬を嘔吐しようとし、嘔吐物が気道につまり 結果窒息死になるようで、死ぬまでに時間がかかるよう

ガス